腕時計ベルト・バンド調整と交換修理/スライドバックルとは

次に1980年頃までは腕時計のバックルと言えばこれ!と言われた「スライドバックル」。

このバックルをみたら”なんだ、あれか!”と思う方も多いですね。
それだけ腕時計が薄型モデルに向かっていた1980年代はメジャーなバックルでした。

腕時計ベルト調整スライド

腕時計の業界では単に「スライド」と呼びます。構造は簡単!

写真のように「○位置」の爪を引っ掛けて閉じるだけ。
もちろん後でこのスライド式のベルト調整も解説します。
以下はコラムですからご興味のある方はどうぞ。
次に進む方は次はベルト調整方法一覧(アジャストタイプ)へ。

 

コラム

今や腕時計のバックルでもこのスライドタイプ。
2000年頃には 「おじさん用バックル」とさえ呼ばれる始末。 時代も変わったものです。1995年頃迄は、このスライドタイプでないとお洒落じゃない!三つ折れ式なんて
「おじさんが、分厚い時計用に付けてるダサイ、バックルじゃん!」と。

スライド式の方が三つ折れ式よりも持てはやされた時代もあったのです。
それが今や過去の遺物扱いになろうとは・・・。

1995年と言えば!あの「windows95(きゅうじゅうご)」初めてWindowsが発売された年。 それまでは「MS-DOS」が全盛。会社でも先輩に位置する人々は偉そうにも、新入社員に向かって
「さぁ〜、いっちょう。今日は君たちにハードディスクの開き方を教えてあげよう!」何て事を言っていた時代が懐かしいですが。それがこの95の出現で、HDは「ダブルクリック」で開くようになってしまった( ̄○ ̄) 。

あ〜、まぁ〜た、また本題から逸れてしまったではないか(;^_^A 。

で、そのスライド式が廃(すた)れていったのにもちゃんと理由があるのですが。
その意味が分かる人は居るかな?
その答えまで、ここで解説してこれ以上話が逸れると
罵声が飛んで来そうなので本題に戻りますm(..)m。
(この先を知りたい方はここをクリック!)

あとは「二つ折れバックル」と「両開きバックル」ですが「両開きバックル」は三つ折れバックルの兄弟みたいなもので解説するまでも無しと勝手に決めてしまう。(^_-)-☆

あとは「二つ折れバックル」。この「二つ折れ(ふたつおれ)」って呼称は、腕時計メーカーでもセイコーだけで他では「ブレス式」とか「シングルロック」とか呼んでいるようです。あまりこのタイプも解説に価するとは思えないので省略したいのですが、気になる方の為に別ページで解説しちゃいましょう。→「二つ折れバックルとは」へ。「両開きバックル」も、気になる方は、「両開きバックル」へ。(簡単ですが(;^_^A )

次のページベルト調整方法一覧(アジャストタイプ)へ。