腕時計のベルト・バンド調整/三つ折れのバネ棒及びバックルの外し方2

先ずは「左・写真」腕時計のベルト調整と言えども細かい所では
注意点が多々あることがお分かり頂けていますか?
このページでは更に解説してみましょう。
○位置以外なら上記写真にもありますが「微調整可能」と書いたくらいですから、
可動可能な穴ならどこに入れてもOKです。

次に「右・写真」さて、ここでもう一度先の写真を見て頂きまして。
もし○部分を外したとして○の穴に戻さず、
それ以外の(微調整部分)穴に入れたとしましょう。

腕時計ベルト調整三つ折れ板バネ式バックル腕時計ベルト調整三つ折れ板バネ式バックル穴

すると本来はこうなる物が。右の写真のようになる訳ですから。

腕時計ベルト調整三つ折れバックル爪

このように爪が届きませんね。 すると当然バックルは留まりません。
それだけならまだ元の位置に(○位置の穴に)戻せば良いのです。
ところが、戻す前に初心者は間違って入れた段階で
バックルが閉まらない理由が分からないのです。
よって「おや!閉まらないぞ?」と無理に力で押さえつけて留めようとします。

これをやるとどうなるか?このバックルの「折りたたむ部分」。
板バネのカーブが変わってしまうのです。
何故カーブを変えたらいけないかですが。(※これを「板バネ」と呼ぶ所から「板バネタイプ」と言います。)

腕時計ベルト調整三つ折れ板バネ図

ちょっと話が逸れますが、では板バネ以外に何があるのか?

腕時計ベルト調整三つ折れムクバックル

それが上の写真「無垢バックル」と呼ばれる代物ですね。
写真の折り畳む部分の厚みに注目してください。
(このバックルが装備されると定価は3万円は後半か、それ以上になって来ます。
また、このバックル装着されるとベルトも「板巻き」でなく必ず無垢バンドですね)

この折り畳む部分のカーブを一度、変えてしまえば我々プロでも元に戻すのは至難の技。
(不可能と言っても良い)このカーブが変わるとバックルは閉まらなくなります!

だから曲がらない丈夫な無垢バックルが存在する訳です。
それに、これだけの厚みがあれば変形はしにくいでしょう。

そういった理由から、無理にバックルを留めようとして、
板バネのカーブを変形させないためにも。
写真-J1の「○」位置は「外させてはならない」のです。
よってこの部分には「伸縮しないピン」が入っていることが多いと書いた訳ですが。
ところが「多い」と書いたのは、最近は何でもコスト削減。
ここにまで普通のバネ棒を入れて、外れる様な構造の腕時計がよく持ち込まれます。
以上の理由から、とにかくは「この○位置、は触らない」です。

とにかくは触らない事です。次は、この○位置を気にしなくて良いタイプです。

 

「三つ折れ/何処に入れても良いタイプ」