腕時計ベルト・バンド調整と交換修理/Cリングの調整方法2

腕時計ベルト調整Cリング式ベルトサイド

ベルト調整の「Cリング」タイプでリングが凹の部分に入っているタイプです。
(写真はアルバWIREDの腕時計)
ベルトの裏に「↓」が書いてあるのはもうご紹介しましたね。
右・写真の角度から見れば外側のコマに「Cリング」が入っているのがわかります。

腕時計ベルト調整Cリング式ベルト分解腕時計ベルト調整Cリング式ピン挿入

矢印の方向にピンを抜くとこのとおり。
任意の個数だけ外してから、まずはこの様に差し込んで。

腕時計ベルト調整Cリング式抜けない位置 腕時計ベルト調整Cリング式仕上げ

左の○が今、差し込んだ調整位置。右は調整箇所ではないので形状が違いますね。
それとこのタイプはピンを打ち込むのでは無く。
「Cリング」をこの位置に乗せてから押し込むのみです。
分かりましたでしょうか?(リングを打ち込む)

ここでもう一丁!「ラグ部のCリング留め」も見てみましょう。
次は「腕時計ベルト調整/簡易アジャスター」といきましょう。