腕時計のベルト・バンド調整/割ピンの調整方法/簡単調整法(画鋲)

腕時計ベルト調整画鋲で調整
これですね!言わずと知れた「画鋲」(押しピン)です。
掲示板でこんな簡単に腕時計のベルト調整ができました!と「のり」さんからの報告です。20004年12月に、このCooの腕時計頂いた情報です。

いやぁ〜驚きました。こんな方法があったとは・・・しかも安全。
意外に簡単だったのと「自分でする」ってこのサイトの趣旨にピッタシ!
それに家庭にある道具で出来る方法ですから是非紹介です。

腕時計ベルト調整割ピン式変わったタイプ腕時計ベルト調整バイスに固定
「なに式?」 で紹介した物でテストしてみました。バイスにセットして。

腕時計ベルト調整画鋲あてがう腕時計ベルト調整画鋲で準備

スタンバイ。金槌で叩かなくても、指で押さえて

腕時計ベルト調整画鋲打ち込み腕時計ベルト調整画鋲先端

抜けた!

もっとも、少し画鋲の先端を軽く削りました、そのままでは鋭利過ぎて難しいです。(皮膚に当てても痛くないくらいに削ってください) この太さと言いピッタシ!これは正式な調整方法として認定いたしましょう!(^_-)-☆「のり式」と命名! このページ掲載の翌日に実際に使ったのは押しピンでもピンの部分が長い物とお連絡頂きましたので早速、使えるか検証ですね。こちらで!

ただし!「Cリング・タイプ」でやっては行けない!

2005年9月に投稿がありまして、こちら「Cリング調整を画鋲でやってはいけない!」をどうぞ!こうなっては大変です。そんな大変な事はしたくない。専用工具で簡単に確実にやってみたい方は楽天などで バイスや金槌。「バンド用工具」で検索すれば多数出てきますから、 揃えておいてもいいかも知れませんね。 修理工具はこちら