Cリング調整を画鋲でやってはいけない!

2005年9月3日にメールが来ましたので紹介です。(^_-)-☆

ホームページ見させていただいて”SEIKO DOLCE”割りピン方式を画鋲でやってみました。確かにするっと抜けて簡単でしたが画鋲のピンを見てみると,ん?なんか画鋲の芯が太くなってるぞ?
リング状のものが芯にかぶさっています。どうやらピンは刺さっているだけでなくリングがかませてあり,それが画鋲の芯にすっぽりかぶさって残っていたようです。ベルト調節して,ピンを入れるときにお尻からかませなおすのを忘れないよう,皆さん気をつけてね。

(その後直ぐに追加メールで)

ごめんなさい,これCリングのことですね。ホームページにありましたね。これが画鋲の芯に残るので気をつけてね。

これは、どういう事かと言いますと。

こうなっちまった!訳ですね(;^_^A。こうなると引き抜くのはかなり厄介です。Cリング式でも紹介した写真ですが。

写真はシチズン製でCリングが○の位置に入ってます。しかし「SEIKOのDolce」などは、写真の□位置にCリングが入っている物が多いですから注意してくだいm(..)m

やはりこの方法をやる前にこちら「腕時計ベルト・バンド調整と交換修理/調整方法/割ピンタイプの判別」で、「割ピン式かCリング式」が、良く確認してから実行してくださいm(..)m

皆さんも成功例だけでなく「こうやったら失敗しました!」とか「失敗してこうなってしまった写真」など、投稿頂ければ嬉しいですね。是非ここで紹介させて頂きます。

掲示板か「メールはこちら」「掲示板」はトップページの左の上の方です。


腕時計のベルト・バンド調整/割ピンの調整方法/簡単調整法(画鋲)に戻る。

腕時計のベルト・バンド調整/割ピンの調整方法 に戻る。

腕時計ベルト・バンド調整と交換修理/Cリングの調整方法 に戻る。
______Cooの腕時計______