腕時計の基礎知識/操作禁止時間帯とカレンダーの午前・午後合わせ

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯2

カレンダーの午前・午後の合わせ方です。
この腕時計を”水曜・3日・午前6時”に合わせる場合です。
写真では今「日曜の1日、6時」です。午前か午後かは分かりません。
先ずは今この腕時計が”午前か午後かを調べます”
竜頭を1段引きます。この状態は”カレンダー早送り状態”でした。
よってこのままでは針を回す事は出来ません。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯3腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯4

この様に竜頭を”2段目まで引きます”。
これで針回しのスタンバイOK。この6時の状態から針を進めて行きます。
ここから6時間進めてカレンダーが変われば”この腕時計は夜中です”
これが4時間進めた状態ですがカレンダーに変化はありません。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯5腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯6

さらに1時間半でも変わりません。
12時ジャストになっても変わらない。
と言うことは”今この腕時計は昼間”であることが分かりました。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯7腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯8

さら6時間進めました。”今この腕時計は午後の6時”です。
当然日にちや曜日に変化はありません。
更に5時間進んで”今は午後11時”ですがカレンダーに変化はありません。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯9腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯10

更に35分進めた”11時35分からカレンダーの日にち”が動き出しました。
拡大すると動き始めたのが分かりますね。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯11腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯12

更に約20分進めた状態で”日にちが”半分切り替わっています。
12時ジャスト、ここで”日にちのみ”が完全に切り替わりました。”今が午前12時”です。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯13腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯14

日にちが切り替わって1時間進めても、まだ”曜日がそのまま”です。
(腕時計は午前1時です)更に約20分進めて。ここで”曜日が動き始めました”。
(腕時計は今”午前1時24分)

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯15腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯16

これが拡大写真。曜日が動き出したのが良く分かります。

そして更に約40分進んで午前2時。曜日が完全に切り替わりました。しかしまだ”英語です”。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯17腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯18

更に約1時間10分。英語表記が動き出します。
針で隠れていますが、これが拡大写真。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯19腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯20

更に約35分。半分が切り替わりました。(腕時計は今、午前3時48分)
午前4時8分。完全に切り替わりました。
どうですか?睡眠中にカレンダーはこういった動きをしている訳です。
つまりこの「”数字と曜日が動いている間が操作禁止時間帯です”」最初に
日にちが動き出したのが、前日の午後11時35分。
そして完全に切り替わったのが(写真)翌日、午前4時10分 。
つまりこの腕時計の”操作禁止時間帯”は。

午後11時30分〜午前4時10分です。
(昔のオートマティックの腕時計などは、午後9時30分くらいから動き出します)

さてカレンダが完全に切り替わって歯車が噛み合っていたのが外れました。

これで初めてカレンダーの早送りが出来ます。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯21

合わせる目的の時間は「水曜日、3日。午前6時」です。
日にちや曜日よりも”時間を合わせるのが先”ですから、
とにかく針を2時間進めて”午前6時”に合わせます。
次に”日にちと曜日”を合わせて行きましょう。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯22腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯23

上の写真では竜頭が”2段引き状態”(針回し状態)ですから
1段押し込み"カレンダー早送り状態”にします。
竜頭をゆっくり右に回すと曜日が「月→TUE」に変わりました。
(ちなみに英語表記にしておけば以後、英語で表示し続けます)

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯24腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯24

竜頭を更に右に回して「火」になりました。目的は「水」ですから。
先ずは英語の「WED」でますから、更に回します。

腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯25腕時計基礎知識/カレンダー操作禁止時間帯26

これで目的の「水曜日(日本語)になりました。次に竜頭はそのままで反対に回します。

 

すると”日にちが1つ進んで”目的の「水曜日・3日」に合わせる事が出来た訳です 。
後は竜頭を押し込んで操作は完了です。

如何でしたか?たかが腕時計のカレンダー調整ですが
知らない方に取っては参考になったと思います。
こうやって自分の腕時計を触ってみれば”自分の腕時計のカレンダーの操作禁止時間帯”が
良く分かります。
”自分の”と、書きましたが腕時計によって操作禁止時間帯は違います

次は「多軸カレンダーとは