腕時計の基礎知識/電波腕時計とは

ここではクォーツ腕時計でも「電波腕時計」についてです。

この「電波腕時計」ですが、良く勘違いされているのは
「電波を受信して動く」=「電波で動く」といった勘違いです。
正しくは「光発電で充電して/クォーツ腕時計として動き/誤差を電波を受信して修正する」ですね。

これはCITIZENの電波腕時計は「Eco Drive」も兼ね備えていますので
「電池交換不要で電波腕時計」と、いったところが、勘違いされやすいところです。

 

電波は受信しますが、電波を受信して時刻を修正する為です。
よって腕時計としては「普通のクォーツ腕時計」なのです。
この電波腕時計は「誤差0」とは言っても特別クォーツの精度が高い訳ではないのです。
普通のクォーツ腕時計(月差10秒くらいの精度)ですから1日にすれば
1秒も狂わないのですが、その毎日の僅かな誤差を、
電波を受信し修正することで「誤差0」を可能にしました。

腕時計基礎知識/電波腕時計の電波発信地図

日本の標準時刻の基準は、上図2カ所の標準電波送信所から発信されています。

腕時計基礎知識/電波腕時計のムーブメント

写真が電波腕時計のムーブですが、外見は「光発電腕時計」と変わりはないのです。
違いはこのムーブメントの中にアンテナが内蔵されている所が違いです。
(この大きなコイルがアンテナになっています)

腕時計基礎知識/電波腕時計、文字盤 表記

電波腕時計には写真のように「RADIO CONTROLLED」と書かれていますが
ラジオではありません。
「Radio=電波」「Contorolled=修正」「電波で修正して光をエネルギーにして動きます」

腕時計基礎知識/受信確認操作

写真は「CITIZEN/EXCEED」の電波腕時計です。右下の「受信状況確認ボタン」を押すと秒針が「○の位置か□の位置」いずれかを指します。○位置「No」を指せば受信していない。□位置「H-M-L」を指せば受信OKです。(このH-M-Lは受信レベルで、High-Midium-Low)ですね。

もちろん確認ボタンを押すと、そこまで秒針が動いてから停止する訳ですが。例えば「No」の位置を指せば秒針は次の「55秒」になるまで運針を待って止まっています。そして腕時計の本来の時刻(秒)になると、そこから動き出しますので時刻表示に影響はしません。

この電波腕時計、購入の方で多い勘違いが、この「確認ボタン」を押すと「NO」を指す事が多いので。「受信していないのでは?と言ったご意見です」。この「受信確認ボタン」を2秒以上押すと「強制受信」します。しかし、福島、九州のアンテナのある県内で無い限り日中は「受信を妨害する電波」が多いので受信しません。

その後に「確認ボタン」を押しても結果は当然「NO」となります。強制受信しなくても一日2回(午前2時と4時)の、妨害電波の少ない時間帯には確実に自動受信していますので。朝、起きた時に「確認ボタン」を押せば受信が確認出来ます。「電波腕時計の歴史/CITIZEN」を知りたい方はこちらで。

次は「パーペチュアルとは」です。